top of page

「could you?」と「would you?」ってどう違う?



英語を学習している人にとって、「could you?」と「would you?」の違いを理解することは重要です。これらのフレーズは英会話の中でよく使われ、正確に使い分けることでより自然な表現ができるようになります。本記事では、「could you?」と「would you?」の意味や使い方、それぞれの特徴について詳しく解説します。


「could you?」と「would you?」の意味と使い方

「could you?」と「would you?」は、依頼や提案を丁寧に表現するために使われるフレーズです。ただし、それぞれに微妙なニュアンスの違いがあります。


「could you?」= カジュアルな依頼や可能性を伺う提案 「would you?」= より礼儀正しいニュアンスや重要な要求



以下に具体的な例文を交えながら、それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。


Could you? は可能性を聞いている

「Could you?」は、相手に対して依頼をする際に使用されるフレーズですが、特に相手がその依頼を受ける可能性について伺うニュアンスが強くなります。使い方の例を見てみましょう。



Could you help me carry these boxes, please?(これらの箱を運んでくれませんか?)



この文では、相手に手伝ってもらいたいという依頼をしています。相手が応じるかどうかは別の問題ですが、可能性を伺うことで丁寧で軽いニュアンスを持ちます。



Could you pass me the salt, please?(塩を取っていただけますか?)



この例では、相手に塩を取ってもらいたいという依頼をしています。こちらも相手が実際に塩を取ってくれるかどうかは分かりませんが、丁寧な表現となっています。



Would you? は相手の意思を確認する

「Would you?」は、「Could you?」と同様に依頼や提案をする際に使用されますが、より礼儀正しいニュアンスがあります。また、「Would you?」は重要な要求や相手の意思を問うような場合にも使われます。以下に使い方の例を示します。



Would you mind closing the window? It's a bit cold.(窓を閉めていただけますか?少し寒いです。)



この文では、相手に窓を閉めてほしいという依頼をしています。ここでの「Would you mind」は、「気になりますか?」という意味で、相手に負担をかける可能性があることを伝えています。



Would you be able to meet me at the airport tomorrow?(明日、空港で私に会っていただけますか?)



この例では、相手に明日空港で会ってほしいという重要な要求をしています。相手の予定や都合によっては応じられない可能性もありますが、丁寧な表現を用いて要求しています。


上記の例文からも分かるように、「could you?」はカジュアルな依頼や可能性を伺う提案に使用され、軽いニュアンスを持ちます。一方、「would you?」はより礼儀正しいニュアンスや重要な要求に使用され、相手に負担をかける可能性がある場合にも使われます。


まとめ

いかがでしょうか?今回は、英語での丁寧な質問として、「could you?」と「would you?」をご紹介しました。どちらも「〜していだけますか」と相手に対する提案を伺うフレーズですが、「could you?」をよりカジュアルな場面で、「would you?」をより丁寧に伺いたい場面でという風に使い分けると良いですね。


このようにフレーズの適切な使い方を理解すると、コミュニケーションの円滑さや好印象を与えることができます。ぜひ英会話の勉強と実践にご活用ください。


bottom of page