top of page

第19話『外貨のぼったくり両替所!?』編_英語で3コマ漫画、英検2次試験対策、TOEIC Speaking対策


第19話『外貨のぼったくり両替所!?』編_英語で3コマ漫画

『英語で3コマ漫画』はあなたの日常英会話力をつける最適なトレーニングです。ここでは、日常の『あるある』話を日本語を介さずにそのまま英語で話すことができるようになる為に、とっておきの方法をご紹介しています。英検2次試験対策、TOEIC Speaking対策にも効果的です。


第19話は『外貨のぼったくり両替所!?』編。男性が海外の街中で外貨両替所を見つけます。看板のレートよりも受け取った金額が低いことに驚くというストーリーです。



『英語で3コマ漫画』学習の4STEPS!

Step1は、1分間ほど画像を見ながら英文を考え、次の1-3分間で考えた英文を過去形で話してみましょう。


Step2は、英文を無意識的に作れるようになるトレーニングの核心部分です。4つのパズルピースを用いて英文の構成を頭にイメージしていきます。


Step3では、解答例に出てくる重要words&Phrasesの解説を掲載していますのでご確認ください。


Step4の応用トレーニングは『時制パターンを変えて話す』です。過去形で話した内容を時制を変えても話せるようになることで英会話力がより広がります。


Step1. 過去形で答えてみよう
第19話『外貨のぼったくり両替所!?』編_英語で3コマ漫画

上記の英語で3コマ漫画『外貨のぼったくり両替所!?』を過去形で話してみましょう。


まずは、1分ほど画像を見ながら英文を考えて、その後1-3分ほどかけてその英文を実際に話してみましょう。


①英語で確認しましょう。(以下解答例)

A man found a currency exchange office in the city he was visiting and checked the rates. The amount he received was way less than the rate. Soon after, he noticed that a 30% exchange fee was charged.


②日本語で確認しましょう。

男性が旅先の街で外貨両替所を発見しレートを確認した。実際に受け取った金額がレートよりかなり少なかった。その後、男性は両替手数料で30%も取られることを知った。



 Step2. 4つのパズルピース構成を確認しよう
パズルピースの正体
Sパーツ_英語で3コマ漫画

Sパーツ(主語) 

Sは宣言。 『今からこれについて話します』という宣言をするパーツです。


Vパーツ_英語で3コマ漫画

Vパーツ(動詞、助動詞)

Vは変化。 宣言パーツの状態や動きを伝えるパーツです。


Oパーツ_英語で3コマ漫画

Oパーツ(目的語、目的語群、補語等)

Oは完了。 情報を付け足して文章を完了させるパーツです。


Cパーツ_英語で3コマ漫画

Cパーツ(接続詞、接続節)

Cは接着。 各パーツまたは文章同士を接続して対比を作るパーツです。


ルールは1つだけ

S→V→Oの順番を変えない


英語の文章にはある厳格なルールがあり、それを基に人が容易に意味を理解できるようにできています。そのルールは至ってシンプル。S→V→Oの順番を崩さないことです。


この4ピースのパズル構成を無意識に出てくるまで体に擦り込むことが英語上達の近道です。


パズル構成を確認してみよう!
第19話_パズル構造_英語で3コマ漫画

<POINT.1> 場所の詳細を説明する関係代名詞


第19話_パズル構造解説01_英語で3コマ漫画

1コマ目のように、ある特定の場所の詳細を後ろからSVOで説明する場合には関係代名詞『Where』を使い、上記文章ではこれが省略された形をとっています。


第19話_パズル構造解説02_英語で3コマ漫画


<POINT.2> モノの詳細を説明する関係代名詞


第19話_パズル構造解説03_英語で3コマ漫画

2コマ目の文章のように、ある特定のモノの詳細を後ろからSVOで説明する場合には関係代名詞『that またはwhich』を使い、上記文章ではこれが省略された形をとっています。


第19話_パズル構造解説04_英語で3コマ漫画


<POINT.3> コトを説明する関係代名詞that


第19話_パズル構造解説05_英語で3コマ漫画

3コマ目の文章に出てくるthatを用いた文の場合、thatは『〰︎するコト』を表します。『〰︎するコト』は、上記pint1やpoint2で説明した場所やモノのような具体的な名詞を持たないので、このthatは省略がでません。



<POINT.4> 動詞の受け身表現


第19話_パズル構造解説06_英語で3コマ漫画

動詞を受け身として『〰︎された』ことを表現したい場合は『be動詞+動詞の過去分詞形』の形をとります。この場合は、Sが『30%の両替手数料』という動ごかないものですので、『チャージする』ではなく『チャージされる』の受け身表現が適切ですね。



Step3. 重要 Words & Phrasesをチェック
  1. currency exchange office(外貨両替所)外貨はcurrencyです。*current (最新の、流れ)とよく混合してしまうので注意が必要です。<例文>  There is a currency exchange office near the train station. (駅の近くに外貨両替所があります。)


  1. amount received(受け取った金額)amountは『量』を表す単語ですが後ろにrecieved(受け取った)で修飾することで"受け取った量”、すなわち受け取った金額という意味になります。 <例文> The amount received after taxes was much lower. (税後に受け取った金額ははるかに少なかったです。)


  1. way less(かなり少ない)このように『way + 比較級』で期待される量や基準よりも大幅に程度が異なることを表します。 <例文> This phone costs way less than the new model. この電話は新しいモデルよりずっと安いです。)


  1. exchange fee(両替手数料)feeはここでは手数料、すなわち外貨両替にかかる手数料を指します。<例文> The bank charges a small exchange fee for each transaction. (銀行は各取引に対して少額の両替手数料を請求します。)


穴あき英文で復習しましょう。

A man found  (A. ) in the city he was visiting and checked the rates. The (B. ) was (C. ) than the rate. Soon after, he noticed that a 30% (D. ) was charged.


解答* A: currency exchange office, B: amount he received, C: way less, D: exchange fee




 Step4. 時制を変えて話してみよう
第19話『外貨のぼったくり両替所!?』編_英語で3コマ漫画

応用のSTEP4です。それでは2コマ目を現在形としてこの3コマ漫画を英語で話してみましょう。1コマ目、3コマ目はそれぞれ、過去形、未来形で表現することになりますが、Step1の英文をどのように変更したらいいか考えてみてください。


ポイントは各コマでVパーツの時制を変化させることです。


1分ほど画像を見ながら英文を考えて、次の1-3分で英文を実際に口に出して話してみましょう。


①英語で確認してみましょう。(以下解答例)

A man found a currency exchange office in the city he was visiting and checked the rates. The amount he receives is way less than the rate. Soon after, he will notice that a 30% exchange fee is charged.


②日本語で確認しましょう。

男性が旅先の街で外貨両替所を発見しレートを確認した。実際に彼が受け取る金額は、レートよりかなり少ない。その後、彼は両替手数料で30%も取られることを知るだろう。


③変化する時制をチェックしましょう。

第19話_時制の変化_英語で3コマ漫画

④ 穴あき英文で練習しましょう。

A man (A. )  a currency exchange office in the city he (B. ) and checked the rates. The amount he receives (C. ) way less than the rate. Soon after, he (D. ) that a 30% exchange fee is charged.


解答* A:  found, B: was visiting, C: is D:will notice



まとめ

いかがでしょうか。この『英語で3コマ漫画』シリーズに取り組むことで、日本人が苦手とする「英語での説明力」を効果的に楽しくトレーニングし、自然な英会話ができるようになります。


また「失敗談」「勘違い」「トラブル」「予想外の出来事」等のリアルなあるあるエピソードをトピックにしているので、バラエティ豊かな表現力を楽しく身につけることができます。


近年、英語に関する様々な試験でも英語でストーリーを伝える重要性が注目されており、3コマ漫画を通じて写真の描写、状況を説明する問題等に対応するトレーニングは、英検2次試験対策、TOEIC Speaking対策、更にはTOEFL、IELTS、GETC、TEAP等の試験対策にうってつけです!


英語脳パズルでは毎回新作の3コマ漫画ネタをお届けしております。是非この『英語で3コマ漫画』シリーズを活用して英語スピーキング能力を伸ばしていってくださいね!


*英語で3コマ漫画、英検2次試験対策、TOEIC Speaking対策



Comentarios


bottom of page